読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

1990年代が誇る、邦楽lovesongの歌い手。

こんにちは、私です。

ときに皆さまは、Lovesongと聞いて、どのような曲や顔を、浮かべますでしょうか?

 

 曲でありフレーズであり、歌い手であり。または各々が浮かばせる対象であり。

 

f:id:shatam:20150125115112j:plain

 

 

1990年代と言えば、J-POPの全盛期。

歌番組の視聴数字は20を超え、CDはミリオンと飛ぶように売れた時代。

 

 

 ① 「it's only love」 ~ 福山雅治 さん

 

 ② 「love song」 ~ チャゲアス さん

 

 ③ 「真夏の果実」 ~ サザンオールスターズ さん

 

 

本日、思い付いた3曲は、その一部歌詞

 

 

 ” 恋人には戻らない。僕は僕のモノになって、好きな君を見てる”

 

 ” 君が想うよりも、僕は、君が、好き”

 

 ” 四六時中も好きと言って。夢の中へ連れて行って”

 

 

それぞれが、印象的な、フレーズです。

音や歌詞として、思いの丈の表現が、素敵です。と、思います。

 

 

 小沢健二さん、玉置浩二さん、槇原敬之さん・・・

 

彼らも90年代(前後含む)LOVEだね。 な歌い手ではありますが、

自己愛や、もう少し普遍的な愛というものを、扱っているかのようで、あります。

 

 彼らは繊細かつ優しく、ゆえに軋轢生んだり、ときに思い悩むのでしょう

 だからこそ、良いメロディーや歌詞が、思い付くのかも、しれません。知らない

 

 

だから、音楽は、好きです。

 

言葉と音。それらが組み合わさったものを、聴いたり流したり、考えてみたり。

色々、遊べます。必需品ですね、ええ。

 

 

ポピュラーとされる音楽も、要はそれだけの支持を得ているわけですから、すごい。

何年経っても、聴いてなくても、思い出してしまえるからね。衛生管理されたマックのよう

 

また、90年代が誇るヒットメーカーは 小室さんことTK、小林武史さん。

彼らが記した歌詞も、愛と自己愛の葛藤を見るかのようで、売れた理由の一つでしょう。

 

 勝手に解釈やら紹介やら、してみたいのですが、そう行かなくちゃ。

 

 これから私、旅に出ます。あのbusに乗れば、間に合うはず。

 行き先はHot spring = 温泉  ですよね。思い立ったが吉となる。かも。

 

 

 ① それではみなさん良い旅を!

 ② Traveling

 ③ 僕らが旅に出る理由

          (次点・ハイウェイ、sunny morning、日曜日、進水式)

 

 

ええ、旅と言えば、な曲ですね。

 (上から hige、hikky、ozaken、quruli、fujifabric、spitz、kirinji ~ 敬称略)

 

 

それでは皆さま、素敵な平日という日々を、お過ごし下さいね。

また、お目に掛かりましょう。CU です。death.

 

 

shatam etal