読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

働く男子。

誰かが立ち止まって見えたのは、きっと彼と同じ速度で歩いていた。

 

上でも下でもなく、横に広がる等間隔。

 

少し距離を詰めてみようかなって、小石を拾って投げてみた。

 

泣いたり笑ったり、懸命に笑顔の練習をしているように見えた彼女。

 

形相は一転鬼と化し、投げた小石を回し蹴り。

 

跳ね返ってきた、スピードを増したソレを、彼はすんでのところでひらりかわした。

 

(蹴り返した足の部分、後日腫れないといいな)

 


投げた張本人が心配してる。

何かがおかしい何かが。考えているさ、とぼけてはみてるけど。

 


・・・なんだろうこれ。わかる人にはわかるかな?
そして三行目がおかしい。なんで小石だ選択肢。

 

たぶん、彼は力が(まだ)無いから、
飛ばしやすいものを、それでも比較的小さいものを投げてみたのかもね。

 

「その辺り、たしかに安全地帯やけど底なし沼orえらく遠回りだった気もするyo」

気のせいなのかな。関係無くて余計なお世話。まあそうなんだけどね。

 

眺めることしか出来ない。
どこか鏡に映したようなその子の歩く姿を。それがもどかしい。

 

でも、そうだね。別の人だもんね。

そんなに弱くも無さそうだから、たぶん大丈夫なんだろうな。


投げた小石のゆくえは追えないけど、投げてみた責任くらいは取ってみるよ。

せめてその気持ちだけでも、届くといいな。

 

うん。

 

今日も私は働く男。まずは自分の生活を、立て直すべく頑張るよ。
3割くらいで生き抜きたいよね。それで十分一流打者。だと思えるようになりたいな。

 

やればできるけど、できなくてもいい。

 

いいこともあればやなこともある。その逆もしかり。
うん、ではではまたね。

 

f:id:shatam:20150129085406j:plain