読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

私が、はりねずみを、好む理由。

おはようございます。私です。

気温が下がり、肌寒くなってくれば良いこともあって。

 

足の間に長男・猫、左の脇に三男・犬。

仲良く、いや互いに暖を求めて、塊になって寝ていました。起きましたおはよう。

 

f:id:shatam:20150405093036j:plain

(左が三男、右が入院中!) 

 

猫と黒いの。二人はけっこう自由な性格。

一人でも、私がいなくても、それこそ精神的には一見大丈夫な仔たち。

 

換言すれば、一つの自立は出来ていますが、

それでも愛玩化された動物なので、守って養ってあげる誰かは、必要でしょう。

 

猫もね、例えば一日飼い主が家を空け、帰宅すれば、ずっとそばにいます。

日帰りでも、帰宅すれば、必ず玄関まで、迎えに来てくれる。ひっそりと。

 

犬はもう全力。まだ子どもも子どもだから、全力で喜びを表現する。

そのパッション、というか感情の表現。たまにうっとうしい思いつつ、まあかわいいよね。

 

f:id:shatam:20150405120640j:plain

 

とある友人は、育児を「金の掛かる趣味」だと、表現していました。

ドライかつ、正直な思いを人に伝えられる彼女。逞しいし嫌いじゃないです。

 

我が家も犬猫ですが、語弊はあるかもですが、彼女と似たような表現の思い。

上っ面の言葉より、結果とても大事にしているので、と一応書いておきますが。

 

そう。

 

私、この二カ月、ちょいちょい文句なり、どうかしてるぜ的に、書いていました。

人に対して。日本人に対して。もしくは人類・・・

 

でもそれって、要は私の血縁のことだったりするんですよね。

他者において、血縁と同じ醜さを見出し、その部分を咎めている。的な。

 

口だけはいっちょ前、自分がかわいい、人の気持ちを理解せず、多様性を排除する。

文句と自己保身だけしていることに気付かず、結果と責任を伴う行動から、逃げ続ける。

 

そして、誰かをずっと、結果として騙しつつ、傷つけていることに、一切気付かない。

いや、それでも家族だから・・・って、私、さすがにフォローするの、やめたいです。

 

 

私は、一面からの批判のみに終わること、嫌いなので、基本多面で、モノを考えます。

 

だから、例えば対立する両側の、理屈や感情、そのメリットdisメリット。

なんというか、両側の立場を、フォローするんですよね無意識でいつも。

 

親子関係でもそうだし、法に触れるニュースを見聞きしてもそう、市井の雑談もそう。

 

f:id:shatam:20150903071230j:plain

 

両側フォローしているとね、要はどちら側にも成れるので、

私は基本的に、どんな方とでも、一定の会話をさせて頂くことが、出来ています。

 

だから、一定の割合では、誰とでも仲良くなることが出来るし、

逆に、逆側の人間にも成れるので常に考えるので、ともすれば、人を傷つけるのは簡単です。

 

もちろん、誰かをわざわざと、傷つけるなんてことは、愚かで極めて幼稚なこと。

だけど、あまりにね、ふざけるなよってときはね、それは力を行使します。

 

それはどうしょもない部分のある、この間の巨大企業もそう。

介護職、ペット業界にいたときの、勘違いしていたお局さんにもそう。

(それこそ血縁もね、血縁だからってフォローしてたけど、我慢の限界、ありますそれは)

 

私は一見、そして声が、無害っぽいアレなので、だからなのかな?

要は力の行使を垣間見せると、相手の方は大体慌てます。

 

力って、理屈とか心理的なこと。

体の線は細いから、理性のある人間なので、言葉や声、表情や目線、などですね。

 

 

f:id:shatam:20151004214932j:plain

 

 

おかしいと思うことを、理屈で伝え、相手の言いそうなことを、先に言う。

想定される反論を先に潰し、逃げ道を作り、逆に知らないこと教えてもらえれば感謝。

 

って、やり口は、己を守るために備わった、やり方は自然体。

私は多面を考える故、多面性がときに怖いだとか、言われてしまいます。

 

ふだんはおっとり、にこにこ。気さくなのか、とにかく子どもっぽい人。

そういう面を表に、無意識で出しているので、応じてくれる人も舐める人もそれぞれ。

 

 

なんかみんな、純粋なんだなって、思って、羨ましいのが本心。の一部です。

 

onとoff。それくらいしか使い分けているようにしか見えない。大体の人。

純粋というか、単純というか、それぞれの芯が有るというか一本調子というか。

 

それこそ、人は人で、私は私。

よそはよそで、うちのやり方は、あるよね。

 

でも、だからこそ、

 

誰とでも、或る程度仲良くなれる気は、少なくとも今までは結果を見ても、するけれど、

換言すれば、もしくは誰とでも、仲良くはなれないような気がします。

 

 

平たく言えば、相手に合わせるから。

 

それぞれの主義や、感情に、同調することはお得意。考えてるもん。

でも逆に、そういうことばっかしてるから、己の本心や目的が、よくわからない。

 

人とつるみたくはないけれど、やっぱり一人は寂しいし、

どこにでも転がる、人の広義での安易さと、つっこみどころを見れば、おかしいって、思う。

 

合わせてばかり、多面を考えてばかりだと、疲れます。

 

例えば人と話していても、同調や差しつかない程度の疑問と主張を伝えつつ、

その人と逆の考え方、別の人の考えを、想像して詰めていたり。もしくは笑いどころや返す言葉も考えていたり。

 

 

なんで、こんなにも、とにかく考えてしまうのだろう。

 

一言で言えば、刷り込みと、育成環境と、己を守るためなのだろうけど、

こんな小心者が身に付けた生き方は、すごく疲れます。たぶん、だから、なのでしょう。

 

本来の意味で、己を守ることが、難しいタイプなんだよね。

他を尊重まではいかなくても、想像して考えて、そこにいない立場までフォローする。

 

そうして疲れ切ってしまうを続けていると、

本当に守りたいモノを守る力、たぶん身につかないのかもしれないね。

 

 

f:id:shatam:20150215121619j:plain

 

 

シンプルだミニマムだか知らないけれど、或る程度”絞って”いくことは、

私の当面の、せめて彼らが生を終えるまでの、課題なのかもしれません。

 

私、体の調子はずっと冴えなくて慢性的は固定化的で。

でも、だからこそ利用させてもらえる、お国の制度もたくさんあります。

 

一見は、健康面では普通の人に見えるみたいだから、

妙な気も遣われることはないし、だからとても、恵まれてはいるんよね。

 

小心者がときに見せる鋭さ? いや、鋭利な部分。

それははりねずみのハリのようなもの。

 

まさか誰かを傷つけたり、内側に食い込ませて己で痛んだり。

それは用途が違うから、その針で、また、何かを創ったりする方を、選びたいのです。

 

鋭利な針はね、攻撃も出来るけど、何かを縫ったり描いたり、そういうことも、出来る。

”出し入れ” で疲れ果てるよりは、もう少し、要は身になる使い方、きっとあるでしょう。

 

あかん、もうすこしねむい。

体毛豊富な生きものと、viva二度寝、してきます。

 

おやすみなさい。ほなまたCUです。

 

f:id:shatam:20150403080846j:plain

 

shatam