読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

ミスチルと順さん、神奈川県警さんに お世話になりました。(お世話になりました)

おはようございます。私です。

本日は紛失届のお話です。よろしくお願い致します。

 

 

 神奈川県警さん、意外とやりおる

 

 

県内では、いろいろ云われのある公的団体は神奈川県警さん。

不詳私も、かつては学園祭的な漫談で、アレな例えに、重ねて使用しておりました。

 

 (あと、県内の国公立or私立な一部教職者さんとか)

 (同じく融通聞かなくて、仕事しないのにゴリ押しばっか。とかひどい。言いよう。)

 

学生時代の時分は自分です。時効、ですよね?

 

で、直近の、神奈川県さん de 素敵 なところ。

 

 

 ① 交番や警察署に、犬入れてくれる。遊んでくれる。

 

 ② ”代筆しないで下さい。自分で書きます早いでしょその方が。不備あれば追って訂正して下さい”

   ⇒ 了解して頂けます。イヤな顔、表面上はしません。言ってみるモノ。

 

 ③ ”なんで横断歩道、横断候補者いるのに一時停止しない車、眼前で見過ごしてんの?”

   ⇒ 申し訳なさそうな顔、してくれます。管轄違うよねゴメン!伝えると微笑してくれます。

   その横断者候補こそ、警察はおそらく事務方の女子だったり。関内は管内配達してたぽい。

 

 ④  ”路上での喫煙マナー、誰が、いや市は何課に、指導してもらえればいいの?”

  ⇒「わからないです。ごめんなさい」 ええ、正直です。by やたら武装?してる警官群

 

 ⑤ 「うん、これからは気を付けようね。・・・寒いよね、これ使っていいよ。」

 ⇒ 鎌倉署のおじさんは毛布貸してくれた。これは8年前、やね。

 

 

だから私、神奈川県警さんごめんなさい。毛布、返したか忘れちゃった。

 組織としては相変わらずなとこあるけど、個々はただの人間。いい人ふくよかにおる。

 

(念のため、その実は敬語丁寧謙遜謙譲語、使用しています私。(上記はしょりました)

 

 

 

(国家権力に媚びした後は、以下 ミスチルさんと順さんの、お話です)

 

 

 「お世話になりました」 

 

と言えば、国民的井上順さんの名曲、ですよね。 歌詞引用は拝借+@ します。

 

 

 明日の朝この街を ぼくは出てゆくのです

 下宿のおばさんよ お世話になりました

 

 あなたのやさしさを ボクは忘れないでしょう

 元気でいて下さい お世話になりました(お世話になりました)

 

 

 居酒屋のお客さん 推定齢70overのおねえさまよ

 明石のタコをゴチ ごちそうになりました

 

 生保外交員さんは 20うん年のお姉さま

 「素直・眼力・熱意」 それが一番大事 教えてくれてありがとう

 

 どんな仕事でも 偏見持たれがちな仕事でも

 その仕事に誇りを持っている人は ぼくは嫌いじゃありません

 

 ”その業界のことしか知らないクセに”

 ジャイアンみたいに、以前は思っていて、正直すまんかったしお世話に、なりました

 

 

 ”@ ...

 

 

  この街を出ていくことに 決めたのはいつか

  いつか君と 話した夢の 続きが今も 忘れられないから

 

 

こちらはミスチルさんかな。

うろ覚えは「星になれたら」的なtitleの記憶。歌詞びみょうに異なる。かも。

 

  こっそり出ていくよ だけど寂しくなんかない

  もうキャンセルも、出来ない

 

⇒ 寂しいyo って、(正直に)云えばいいのに。

 

  長く助走を取った方がより 遠くに飛べるって聞いた

  そのうちきっと大きな声で 笑える日が くるはず

 

⇒ いつ笑うか今でしょ的ですね。”気付けてないだけだと思う。

 

 

  星になれたら いいな

  虹になれたら いいな

 

⇒ どっちやねん。って後藤さん言ってたyo

  でも知ってる。終わりにしたいけど、輝きたくも、あるんよね。

 

 

ええ、(昔の)ミスチルさん、と言えば、

村上春樹さん的であり、一言で言えば、「つよがり」の桜井さんだと、思います。

 

 ” ええねん。それで、ええねん。笑えれば、ええねん”

 

と、歌う某松本さんに、純粋に憧れている彼、印象的でした。

 

 そろそろ解決法? さすがに歌ってるのかな?

 けっきょく自分と、その周りだけが良ければいい、みたいな、到達点。なのかな?

 

今度、最近のも、聴いてみます機会があれば。活動されていますよね yet?

 

 

ちなみにミスチルさん。学生時分は お世話になりました。hon-atsugi 駅前等 にて。

そこそこ好きだったし、今も、たまに、口ずさみます。「Replay」とかね。

 

ではそろそろ、某象印のお姉さまと、桜井さんについて、お話ししてきます。

not 魔法瓶 but hunting 系。

 

 外回りって、忙しい。

 but , 仕事が在るって、ありがたいことです。無職になったら、気付くかな?

 

まあいいや&ではではまた。

どこかはいずれかで、またお目に掛かりましょう。

 

それではCUです。

 

 

f:id:shatam:20150905052445j:plain

 nandaka, ナマナマしい 画像。または、細。

 pandora さんという、お店の逸品は一品で、ございます。

 

 

次回か次々回、the blue hearts さんの名曲は「僕の右手」 お届けするかもしないかも。

まあいいやほなまたね。

 

shatam