読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

「もし、得意な話題を 51 theme 挙げるとしたら、何をナニから浮かべますか?」

こんばんは、私です。

 

 さてさっそく。

 本日のエントリーは 「コミュニケーションの作法」  ~実例編の②  になります。

                (前回はいつぞやの、”宝くじ”の続編、的ですね)

 

 

  ” 相手の人となりを知るための 技法”

  ” さっぱり伸び悩む、営業成績に楔を入れる 方法”

  ” マンネリ化した、倦怠期とも言えたり言えない間柄への 魔法”

 

 他には、”なんとなーく、いけすかんけど、関係性を維持せなあかん。しょぼん”

 

などと、そんな迷える大人羊さんたちに贈る、駄文 or 駄メッセージが今回。

僭越ながら、不詳私なりに記述し、どなたかの気付きに、ならなくて、良いのです。

 

 書きたいことを、書く

 思い付いたことを、書く

 

いつものことですね。前置きと本文がmuda or 長い。

書きながら考えています。書きながら、思い付きます。常日頃の一環です。

 

 

f:id:shatam:20150215121619j:plain

 

 

さて、本文。

 

 

 Q.「もし、好きな得意な話題を(51theme)挙げるとしたら、何を(ナニから)浮かべますか?」

 

① 効用・効能

 

 一 相手が興味を抱くこと、抱いてきたことを知ることが出来る

 二 その後の話題作りのタネになる。雑談の幅が広げたくなくても広がる

 三 苦手な人の、苦手でもない一面を、知ることが出来る

 四 知っている人の、知らない横顔後ろ髪、意外と知れると嬉しいかもね!

 

 

② 利く、聞くための四例

 

 一 「得意な話題を51項目、述べよ(各○○文字以内)」 

 二 「ところで、このthemeなら任せとけ! というモノ、お有りだったり致しますか?」

 三 「ねーねー、好きか得意な ”話題”ってさ、もし聞かれたらなんて答えるー??」

 

  四 「私は今、南の一つ星に夢中なんですけど、○○さんが気になっていること、あったりします?」

   「えー、全然大したことじゃなくてよかなんです。むしろ大したことないこと、ございます??」

 

③ 注意点

 

 一 適当なところで切り上げる。話題を変える

 二 「は!?」って顔されたら、ごまかす。聞く立場、教えて頂く立場なら謙虚に!!

 三 お相手が、シャイなアンチクショウであれば、さらっと自分のことから、話す

 四 適当にあいづちしとく。興味無いことほど、単語だけでも覚えとく

 

 

・・・続きを、気になる読んでみたい思っちゃう子羊さん、いらっしゃいますか?

 

  「いや何言ってんのかわかんない」

  「つまんない。なんで51なのかわかんないしなんかやだ」

  「もう閉じた。無駄が多いし生理的にアレやし(友だちいなそう)」

 

などと、思って頂ける方は、ここまでスクロールしてないか終えるでしょう。

なので、続き、書きますね。よりつまんないです。つまらん私の話になりますので。

 

 

f:id:shatam:20150216073214j:plain

 

 

 ④ こちらのエントリーを思い付いた場所、契機 (用法、要領)

 

 一 hot spring 

 二 talkwith 女装家&girlsbarのママさん、保険のおねえさん、競馬狂のおっさん・・・

 

そう、このQ自体はね、私、普段から使うのです。浸かりながらも使ってた昨日too。

 

 私、得体の知れない人、苦手なんです

 だからまず、お名前を伺います。ある程度、時間を共有せなあかん相手には

 

その次に、適当に、話振ります。

こちらから話しかけることで、その反応や表情、仕草で、まず一部、把握できるから。

 

 で、改めて思ったのは・・・

 

 「whoever, 得意な話題なら、そこそこノッて、話してきやがる」

 

です。

言葉悪いです。直しません。ここでくらい、ね。

 

 更にはね、

 (そのthemeの範疇で) 質問すると、応えてくれたりするcaseは多い。

 

 特におっさん。おっさん要素ある人

 (教えたがり、披露広げたがり、上から話したがり、ただ喋り好き) ×な人々

 

いや、誰だって、気分そんな悪くなくて、時間押してなければ、

大体が「だーいたいやね」言いながら、教えてくれたりします。ありがたや。

 

 

f:id:shatam:20150217205657j:plain

 

 

【EX】そして、そこで使える姑息なテクニック。

 

 一 「知らないフリをする」

 二 「知らないフリをしつつ、質問を被せる」

 

これらを用いるとね、

更に相手さまの人格やら許容力、知識の幅、やさしさ・・・

 

なんとなく、加えて把握出来たり出来なかったり、します。

少なくとも、”情報” には、なりますね。言葉や表情、反応を引き出せればこちらのもの。

 

 ただこれ、使い方、難しいかもです

 慣れてないと、関係性に依っては、関係ヒビ入るかも

 

オススメはしませんし、私、何の責任も取りません。

ダラダラ書いてきた本文、例に依ってall fictionです。使ったことない。かも。

 

余計なめんどくさいこと避けるため、

またはそろそろ届いた宅配便開けたいので、上記二行を連ねました。

 

 ① 手のうちは明かさない

 ② 責任はにごす。逃げ道を、作る

 

以上二点、こないだの似非リーマン生活で、学びました。

 

 「卑怯や。意気地なしこいつら!」

 思いつつ、(てへぺろ的に)人を己をたしなめつつ、学びです

 

だからね、どんなに糞だわー思う人間からも、

学べることって、意外とあるのです。意識と余裕の問題だよね。

 

うん、ほなまたです。

 

 

 「私が浮かべる51の戯言」

 

⇒ また追って、ね。

知りたいと思ってくれる方に、伝えたいと魔が差した際にでも。しらん。

 

 聞かれれば、気が向けば、応えます

 ここでくらい、”こんな” 調子で、いたい

 

 欲求の落とし所ですね。

 

それでは皆さま素敵な夜を、または一日を、お過ごし下さいね。

私は糞みたいな毎日を、マシにすることが、日課です。

 

ではではまた。CUです。

 

f:id:shatam:20150405120640j:plain

 

shatam