読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

そんな日にはwineを飲むんだ。(turn Red and R.I.P)

こんばんは。私です。

改めて、 本日も更新させて頂きます。


 ですが、その内容は、けして愉快なモノではないかも、しれません。

 たまにはね、わかりやすい愚痴や不満だって、私になりに、思うところもあるのです。 


 (追記:書き終えた今は、本人そこそこスッキリです)


では、以下本文です。 

 

 

 

 

  ”身体、または精神由来に依る、(二次)障害”

  ”もしくは、なんらかの不調or慢性(固定化)疾患”


上記と戦っている方、もしくは諦めている方、または納得している方。

こちらをご覧になっている方にも、またはその近親者の方にも、いらっしゃいますでしょうか?


 私は、体が、とてもつらいです。
 自己回復力が著しく弱く、疲労が取れず、たまに歩くのも、きついです。たまに車椅子now。


一見は、そうはとても見えないと、ちょいちょい言って頂けます。
単に、人様と接しているときは大体楽しいから、見せないようにしてるから。 そんなもんなのでしょうか。

 

ただ、たまに、すごく悔しくなります。

 罹患はもう何年だろう?
 下手すりゃ二十歳前の頃からだし、以前、業務中に怪我してから、かな? ここまでは。 


そう、仕事中にsoko-sokoな怪我をして、それ自体は今は、だいぶん緩和されました。


 しかし当時、怪我をして好きだった仕事を離れることになった。
 すごく悔しかったし、同僚も手のひら返しだったし、西/東の医療も効かなかった。


 付け加えれば、労災も降りなかった。
 体めっちゃきついのに、申請のため、病院やら公的機関を何カ所何カ所も、回った。


 結局、誰も手助けしてくれなかった。 
 家族は家族と呼べるものではないし、以前は多かった友人も、どう頼っていいのか
 
  わからなかった。


だから、私は、もう社会と関わることを、辞めた。


もう、疲れた。
けっきょく、幾ら頑張ったって、誰も助けてはくれない。思い知った。


 当時は、よく泣いていた気がする。
 一人で、部屋で。もしくは、人の目につかない場所で。


 「雇用保険、またはその他の保険は、”相互扶助”で成り立っている」

らしいです。


 「バカ言えよ、ふざけんな!!!」


なんてさ、もう思う気力も無くなっていました (言葉悪くてごめんね)

だから私は泣き寝入り。
すなわち泣いて、涙も出なくなって、ひたすら寝てました。


 それは昨年まで、5年くらいかな。


おかげさまで、今は、それなりに活動が、出来ます。

 


  ずっと一人だったから。
  ずっと家で、家族と言える家族もなく、一人だったから。

 


だからこそ、外に出れることと、誰かの笑顔に接することが、
私は大好きです。


 そして、それを受け入れられる己で在ること。
 または、僭越ながら、他者さまの笑顔を、ときに引き出せること。


それが、何より、今の、私の、悦びだったりします。



 でも、やっぱ、悔しいのです。


本当は、色々、やりたいこと、糞ほど、違う腐るほどあるんです。


  前職の保険の営業職だって、私はそこんじょそこらの奴に負けるとは思わない。
 それは営利=己の金銭報酬をまったく意識せずに、行動することが出来るから。

 それなりに頭の回転は早いはずやし、相手様に合わせた己を作り上げることは十八番
  介護職経験も、大きいですね。先輩や利用者さんから、学んだこと。これだけは自信が有る。


 と、断言できる。


でも、私は、けっきょく営利のみや、己の欺瞞に気付いていない方と、
席をともにすることが、たぶん、無理なのです。 同族嫌悪かもしれませんが。


 だから、大学も中退しました。
 某大学の国際政治なんたら、というところ。


同世代の当時の方々は、結局己のことや、権威や金のことばかりでした。

 児童ボランティアサークルにも所属していましたが、
 なんでしょうね、”私たちは良いことをしている!” 的なムードが、気に食わなかったです。


しかし、今振り返れば、理解出来る、お互いに友人になれる方は、いたかもしれません。


 私は、今でこそこんなですが、
 20前半くらいまでは、相当性格が悪かったのです。


それこそ、他人を根本ではバカにしまくってた。
へらへらニコニコしつつ、気さくな人を装いつつ、他人はバカばっかだと思ってた。



 だから、現在のこのザマは、自業自得だとも、思っています。



両親に対する恨みつらみもね、人のせいにするのは主義に反する。
そして、そんなもん今更言ったってしょうがない。


 または、公的制度からはぶられたこと
 同僚や友人が、見事にくるっと手のひら返ししやがったこと


それらもね、今となれば、良い経験です。
それは0:10では無いから。私にも、大いに、非があったから。


 だからこそ、若輩者の未熟者なりに、今、日々、成長出来ていると思えるのです。
 いろいろと、罹患したり、または手帳を手にしたことで、得たモノは大きい。


 まあね、それこそ日々勉強です。
 私は、33にもなって、超☆絶に未熟者です。


基本的に、私は怒らない。
なぜなら、my感情を害するほどの価値が有る事柄は、そうそう無いから。


 などと、本心の一部では、思っています。
 または、単純に怒ると疲れるんです脳が。無駄に疲れても、疲れるだけ。



ですが、この間、本気でキレました。


静かなトーンで、言葉を選びながら、
お前ふざけんなよコラ。というニュアンスを、オブラートに包んで、伝えました。

 あいては障害者の方です。いや、健常者だろうが関係ない。
 某企業に長いこと従事し、役職にも就かれている方に対して。


詳細は、はしょります。 (こないだちょこっと書いたけどね)
ただ、どうしても許せなかった。


 仏のshatamさんも、場合に依っては、怒ります。


よほどのことでなければ、にこにこ☆へらへら。
でも、許せないことも、ありますそれは。人だし生きもの、または有機物ですから。


 結局、その方には、自発的に、黙ってもらいました。
 もう少し言えば、同期と社内の数名に、(表面上の)考え方を改めて、もらえました。

 

もちろん、ルールやコンプライアンス、法や人道には触れない手段に依って。


 そして、それが達成できたのは、公的機関の方に、
 相談をし、加えてアドバイスを受け、それを素直に受け入れられたからですme。


 けっきょく、社は円満に退社出来ました。


もう少し、いや、労働者としての権利を行使することも出来ましたが、
支社のtopと、そのお目付け役の方に、真摯に対応をして頂いたのです。


 意思=こちらの権利と思いを伝え、
 企業側の見解、いや支社長とお目付け役さんの立場を伺い、

お互いの妥協点に辿りつくことが出来ました。


 いわゆるノーサイド。
 互いに、またどこかでご縁を持つことが有りましたら、よろしくです。と。


ええ、無駄に、権利を行使しなくて、正解でした。
なぜなら、気分はso悪くない。後味の問題ですよね。


 憎しみや悲哀、そして後悔に苛まれること。


そんなもんはね、気分悪いです。きっとずっと。
だから、或る程度、妥協点を見付け、己が納得できれば、良いのです。


 ・・・などと、わざわざ、こうして記述している理由。

 それはちょっとだけ悔んでる。


妥協点を、もう少しだけこっち側に持ってくればよかった。かも。
要は退社日と、退社理由に関して。ちょっとだけ、ミスった気もします。


 なので、己の感情に、折り合いを付ける為、この場を借りました。


そしてまた、お恥ずかしながらも、体の調子があまり良くないのです。


 正直きついし、やりたいこと訪れたいところ、今日も思うように、ならなかった。
 そして今後も、なかなかきっと、難しいのです。やりたいことが、出来ない。


依って、


 ”悲しみのためいき 一人身のせつなさ”


を、紛らわすために、こうして思うがままに、記述しております。


 ・・・少しは気が晴れたかな?
 but、己の弱い部分を晒すことや、不満や愚痴は、慣れてないから、なんか落ち着かないな。


ここまで、目を通してくれた方が、万が一いらっしゃったら、ありがとう。



 今日という日が、もしくは明日という日が、
 あなたにとってシアワセ、もしくはマシでありますように。



そして、それらの”良い”経験は、
ぜひ、どなたかに伝えてみて下さい。どなたかに分けてあげて、下さい。


 いや、するもしないも個々のfreeですけどね。


ただ、悦びは、誰かと共有することが出来れば、
それは不満や怒りの繋がりより、きっと強固なものになるのでしょう。


 なんてことを、私はそろそろ、学ぼうかな
 なんて考えています。あとは実践だね。慣れてないから怖いけど。


まあいいや。


 私は他人様を、まず信用しません。


だけど、この人になら騙されても、多少はいいかなー
と思える方は、信頼に多少は値すると思える方であれば、幾らかは信用します。

 = こちらの情報や想いを、伝えることが、まず前提な、気がしております。



それではまた。
またどこかで、お目にかかれれば、それなりに幸いです。


CU

 

 

f:id:shatam:20151006235034j:plain

 

 

shatam