読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

ナニカを批判することは、手っ取り早い、言わば防衛機制。(philanthropy ?)

おはようございます。私です。

 

彼の幼き夢は外務官か政治家、もしくは年金暮らしでした。十代の頃ですね。

 

彼は18才になり、政治(経済)系の学部に入学させて頂いた。

・・・色々と、「あ、これは無理だ」と、複雑怪奇や個々の思惑に嫌気がさした。

 

米国での同時テロや、イラクへの(一方的な)爆撃。

そして、権力を批判する方々の代案の無さ。双側の妙な信念と、聴く耳の持たなさ。

 

彼は全然(今も)未熟であって、学風も合わないと理由を付けつつ、ある意味で己の世界に生きることにした。

 

振り返って省みて、その選択が間違っていたとも正解だったとも、思わない。

 

問題は今日の雨。傘がない。二度寝をする気にならない。

都会では、地方だとしても、自殺を選択する(若)者は変わらず、いる。

 

隣の空は灰色なのに、己さえ良ければ、己の主義主張だけ貫きたがる人もいる。

でも、そんなもんなんだろうな。って、自身を考えても、思う。

 

だからこそ、自分に何が出来るのだろうと、考えることもある。

 

そして、こんなことを書いているということは、己自身が不安の中にいるのだろう。

いや、ただ少し、疲れているだけなのかもしれないな。

 

だから批判だけする人たちを、これは批判しているのかもしれない。

 

あえて書くけどさ、こないだの首相談話の際、産経と朝日の解釈を拝読したんだ。

(ほぼ)全面支持と全面反対。わかりやすく言えば、対極の主張。

 

全面支持も危うさを感じるけどさ、全面反対も、おかしいよ。

 

じゃあ逆に、朝日なりの”朝日談話”を書くべきじゃない? 代案だよね。

反対だけなら私みたいな人間にだって、出来る。ヤジだけ飛ばすなら、糞でも出来る。

 

というか、そういうのを読みたいんだよね。

安定政権に異論を唱える、角度を変えた、理屈の通った主張。単に知りたい。

 

 

f:id:shatam:20150902065003j:plain

 

 

話は変わって、18才から煙草とお酒が許される法案が話し合われているらしい。

 

これもさ、難しい問題だよね。

選挙権に合わせつつ、税収を上げ、若者のモラルがより問われるでしょう。

 

仮にいつか通ったとして、頼りにすべきはその家族と教職に就く方々(日教組

若いうちに軽いオイタをして、結果ゆくゆくの犯罪率が低下? するかはわからない。

 

いじめとか、若いうちのオイタってさ、ある種で必要悪だと思うんだよね。

要は受け取る側と、受け取らせる側に、大人がしっかり指導をしてあげること。

 

日教組だってね、強烈な批判を受けることもあるけどさ、全てが×では無いと思うんだ。

立派な先生だっておるし、組織としては知らんけど、一部の信念以外は、良いとこもあるでしょう。

 

無理やりまとめるけどさ、良いも悪いも表裏一体。簡単に言いきれないんだよ。

それは個人においても。個人の日々の些細な生活や感情の中でもさ。

 

そして私は、ただ二度寝する気になんないから、深夜とお酒を言い訳に、記述する。

自分用のblogだから、誰にどう思われようなんて、どうでもいい。

 

外ではもう、病的に社交的でユーモラスな人間になってしまう。

活動量とトーク術、相手に合わせて会話という駆け引きを楽しみたがる。

 

ポジティブとかアサ―ティブとか、うっとうしい横文字を意識していたりする。

そんなんだけじゃさ、自分が持たないんだよ。

 

私は私。孔雀やハトや、ましてや善人になどなれない。貫けない。

だからこうしてガス抜きをする。それくらい、別にいいよね。良いも悪いも、無いかな。

 

私は自分のために生きることが(まだ)出来ない。

だからこそ、(社会)福祉的な仕事に、また”逃げよう”としている。とも言える。

 

そんな情けない、弱い人間。いや、人間らしいのかもね。

 

そして私は、他者の笑顔を見て、または哀しみを見て、人の心を一瞬感じる。

自分だけじゃさ、なんか、あかんのだよ。心のどこかが欠けている。

 

穴のあいた風船。

本来の色を忘れたカメレオン。

 

これはもう、ゆりかごから墓場まで、消えることは無いのかもしれないな。

20前後のweb日記でも、結局同じことを書いているよ。

 

まあ、そんなもんなのかな。

 

それでもそこまで、悪くもない。

 

それは家と家族と、一応は仕事が決まっているから。

そして、この一週間だって、新しい人との繋がりと悦びをいっぱい分けてもらってる。

 

この先にどんな展開が待っていようとさ、そう思える”余裕”は、消したくないな。

・・・とは思うんだよ。

 

うん、二度寝にリベンジ再チャレンジしてみるyo。

 

全面賛成も全面否定も、それは自分自身に対しても、したくはない。

これは防衛機制であり、他者を”批判”することに依って、己を省みているのだろう。

 

って思える、余裕の有る状態。

 

明後日から、まさか仕事が始まります。正直、怖いです。

心身の体力が、まだまだ上向いたばかりなのに、主戦場に赴くような。

 

いや、本気で戦うのだけは、本気で辞めよう。

 

彼は多額の報酬がほしいわけではない。

ただ平凡な、どうということはない日常を、続けていきたいだけなんだ。

 

今日はいい日だったとかアカン日だったとか、振り回されたくなんか無い。

釣果は日に依って違うもの。己の力のみでどうこう出来ることでも無い。

 

だから僕は途方に暮れず、二度寝に赴く。

それはbetterな、ことだろう。しらん。

 

・・・こんなもん、ここまで読んでくれた方いたら、どうもです。

 

そのうちいいことあると思うよ。歓迎したくないこともね。

そういうもんだよね。簡単に言っちゃうけどさ、いつもありがとう。です。

 

ほなまたです。おやすみなさい。