読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBQパーティー

(All is a fiction) have a nice trip.

忘れていくことで選んだ強さなんて要らない

悲しい夢で、目が醒めた。

 

「今、誰かに優しくされたら、自分は壊れてしまうかもな。」

 

手に取った携帯を、彼は再び元の場所に戻した。

それでも今日という一日は、始まろうとしているばかり。

 

そんなにヤワじゃ無いけれど、そこまで強くも無いかもしれない。まだ。

無理に悲しさを続けることも、ないのかもしれない。

 

予定の無い休日を、どう過ごすかなんててめえ次第。

淡々と、間際の宿題をこなすような、そんな生き方しかしてきてない。

 

やっつけ感。時間無くても、この程度なら余裕。

けして100点を取れないのは、何かのせいにしてしまえ。

 

時間をかけて100点取れたこと、今まで本当にあったかな?

何でも出来るつもりでも、何でも出来る、わけでも無いな。


少しだけ、思い知った土曜日の朝。

だから誰かにも、満たされる点を求めなくて、いいのかもな。

 

わずかな音量、メロウな曲でも流しながら、二度寝に戻りますかな。

おやすみなさい。またね。